尊厳死(ソンゲンシ)

尊厳死とは、回復の見込みのない末期状態の患者に対し、生命維持装置による治療を開始せず、あるいはそれを中止することによって自然の死を迎えさせることをいいます。

延命医療の中止は、それによって死期が早くなっても一定の要件(患者が回復不能状態であること、患者本人が事前の意思表示を含めて延命治療を望まないことを意思表示していること)のもと許容され、殺人罪等の違法性は阻却されるものと考えられています。

類似の概念として、安楽死がありますが、これは、死期の迫った患者が肉体的苦痛等により死を望んでいる場合に、その苦痛等を除去するために安らかな死を迎える措置のことをいいます。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。