正当防衛(セイトウボウエイ)

正当防衛とは、急迫不正の侵害に対して、自己又は他人の権利を防衛するため、やむを得ずにした行為のことをいいます。

正当防衛が成立することにより、その結果が犯罪構成要件に該当するような場合でも違法性が阻却されるとされています。

法治国家である以上は、自己の法益・権利を守るために私人が実力行使をすることは基本的に許されないことですが、法益侵害の危険が切迫しているような場合にまで実力行使を認めないというのでは秩序は混乱しますので、例外的に自救行為が正当化されることとなります。

正当防衛が成立するためには1急迫不正の侵害に対するものであること2自己又は他人の権利を防衛するためのものであること3やむを得ずにしたものであること4防衛の意思に基づく行動であることという要件を満たす必要があります。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。