原因において自由な行為(ゲンインニオイテジユウナコウイ)

原因において自由な行為とは、犯罪の実行行為段階において心神喪失状態であったとしても、その状態を自ら招いたものであるときは、当該犯罪行為について完全な責任を問われるという法理のことをいいます。

刑法は心神喪失者の行為によって生じた犯罪結果につきこれを罰しない旨規定していますが、敢えて自らを心神喪失状態とする事態を招いたような者を保護することは不当であることから、原因において自由な行為という法理が導かれました。

敢えて自らを心神喪失状態とさせて犯罪行為に及ぶということが現実的にありうるかという指摘もありますが、例えば、殺意を持っている相手方を殺すために自ら薬物を注射して心神喪失状態を招き、殺害の結果を生じさせたというような場合が想定されます。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。