予備罪(ヨビザイ)

予備罪とは、犯罪の実現を目的とする準備行為のことで、ただし謀議の方法によるものを除いた概念のことです。

通常、犯罪が成立するには、犯罪結果の発生、すなわち犯罪の既遂を目的とするものですが、予備罪は準備行為自体を処罰の対象とする点で特殊性があります。

予備罪が成立するためには、主観的に犯罪を実現させる目的があって、かつ客観的にも犯罪の実現を可能または容易にさせる行為であることを必要とします。

刑法上、規定されている予備罪としては、内乱予備罪、外患予備罪、私戦予備罪、放火予備罪、通貨偽造準備罪、殺人予備罪、身代金目的略取等予備罪、強盗予備罪の8種類があります。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。