不能犯(フノウハン)

不能犯とは、犯罪結果発生の現実的危険性がない行為であって、行為者が犯罪を実現する意思をもっている行為のことをいいます。

行為者においては犯罪の意識があるものの、その行為の性質上そもそも犯罪結果が生じ得ない行為である点で、行為自体に犯罪結果発生の危険性を有する未遂犯と区別されます。

例えば、人を呪い殺すために丑の刻参りをするといったことなどは、殺人罪の構成要件該当性を欠いており、不能犯の一例といえるでしょう。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。