同時犯(ドウジハン)

同時犯とは、2人以上の者が、相互の意思の疎通ない状態で、同じ時に、同じ客体に対して犯罪を実行することをいいます。

例えば、AとBが、Cに対してともに殺意をもって発砲し、Cが死亡したというような場合が同時犯の事例といえますが、この場合でもAの弾丸が死因となっていたならばAにおいて殺人罪、Bにおいて殺人未遂罪が成立することとなります。

一方、AとBのどちらの弾丸によってCが死亡したのかが分からないというような場合には、AもBも殺人未遂罪にとどまるということになります。

これに対し、傷害罪においては、特例が規定されており、2人以上の者による傷害の結果については、だれの行為によって生じた傷害結果なのかという点が不明であっても、共同正犯(全員が傷害罪の責任を負う)が成立するとされています。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。