強要罪(キョウヨウザイ)

強要罪とは、刑法上規定されている刑事犯罪の1つで「生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、または権利の行使を妨害した者は、3年以下の懲役に処する」とされています(刑法第223条)。

例えば、謝罪文を要求する権利がないのに、暴行や脅迫を用いて、謝罪文を作成させる・選挙権の行使を妨げるなどいった行為は強要罪にあたり得ます。このように強要罪が成立する場合とは、行為者において相手方に義務のないことを行わせることですが、不作為を強要する場合も強要罪となり得ます。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。