名誉棄損罪(メイヨキソンザイ)

名誉棄損罪とは、刑法に定められた犯罪類型の1つで、「公然と事実を摘示し、人の名誉を棄損した者は、その事実の有無にかかわらず、3年以下の懲役若しくは禁固又は50万円以下の罰金に処する」と規定されているものです(刑法第23お条第1項)。

名誉棄損罪は親告罪とされていますので、被害者からの告訴がなければ、公判請求をすることはできません。

ここにいう名誉とは如何なる意味をもつかについて諸説ありますが、人の価値に対して社会が与えるところの評価であるとする考えが有力です。

なお、名誉棄損行為については、その事実が真実であることを証明することにより一定の場合において処罰されないことが規定されています。

すなわち、刑法第230条の2においては、名誉棄損行為が「公共の利害に関する事実に係り、かつ、その目的が専ら公益を図ることにあったと認める場合には、事実真否を判断し、真実であることの証明があったときは、これを罰しない。」「公訴が提出されるに至っていない人の犯罪行為に関する事実は、公共の利害に関する事実とみなす。」「公務員又は公選による公務員の候補者に関する事実に係る場合には、事実の真否を判断し、真実であることの証明があったときは、これを罰しない」などとされています。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。