詐欺罪(サギザイ)

詐欺罪とは刑法に規定される犯罪類型の1つで、「人を欺いて財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する」旨規定されています。

詐欺罪が成立するためには1欺もう行為の存在2それにより相手方が錯誤に陥ったこと3それにより財物の交付又は処分行為がなされたこと4それにより財物・利益が移転したことという要件を満たす必要があります。

詐欺行為は不作為によっても成立し得ます。

たとえば、取引の相手方が余分な釣銭を手渡すのは認識しながらそれを告知しないで過分の釣銭を受け取るという行為は事実告知の義務に違反する点で不作為による詐欺罪(いわゆる釣銭詐欺)が成立し得るということになります。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。