遺失物等横領罪(イシツブツトウオウリョウザイ)

遺失物等横領罪とは、刑法に規定される犯罪類型の1つで、「遺失物、漂流物その他占有を離れた他人の物を横領した者は、1年以下の懲役又は10万円以下の罰金若しくは科料に処する」と規定されています。

遺失物とは、占有者の意思によらずにその占有を離れ、いまだ誰の占有にも属していないもののことをいいます。(いわゆる落とし物のことです)

遺失物等横領罪が成立するためには、当該物が誰の所有物であるかについては、必ずしも判明しなくてもよいこととされています。

例えば、文化財的な埋蔵物であって所有関係が不明であっても、埋葬者の権利はその子孫等に承継されているはずのものですから、これらについても遺失物等横領罪が成立し得ます。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。