株式の併合(カブシキノヘイゴウ)

株式の併合とは、数個の株式をあわせてより少数の株式とすることです。例えば、2株分の株式を1株と扱う、3株分の株式を2株と扱うということです。

株式の併合を無制限に認めてしまうと、株主ごとの持ち株数や株式併合の比率によっては株主の地位が脅かされるおそれがあり株主の利益に影響を与えることとなってしまいます。

そのため、株式の併合を行うためには、株主総会の特別決議が必要とされており、併合の比率や併合の効力発生日等について決議し、また、取締役は株式併合を必要とする理由を説明しなければならないとされています。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。