不動産・賃貸借

法律事務所つくばコムは、多くの不動産問題を解決へ導いてきたエキスパートです。

つくば市をはじめ、茨城県の不動産問題は、お1人で悩まずに法律事務所つくばコムへご相談ください。

不動産問題を解決する流れ(例:不法占有者への明渡し請求)

明渡交渉

↓交渉決裂

不動産明渡請求訴訟の提起(賃料未納の場合は同時に請求)→訴訟の中で和解

↓和解不成立

不動産明渡を命じる判決

強制執行申立て

明渡の催告・明渡の断行【解決】

ご依頼者様の声

無料法律相談実施中。029-896-3323(営業時間:平日9時~21時/土曜9時~17時)つくばの弁護士が親身になってお困りごとに応えます。

このようなことでお悩みですか?弁護士が力になります。

  • 滞納された家賃を支払ってもらいたい。
  • 問題のある借主に退去してもらいたい。
  • 自分の不動産が許可なく使用されている。
  • 物件内に退去した元賃借人の私物が残されている。
  • 賃貸に出した物件が無断で転貸されている。
  • 欠陥住宅だと言われ困っている。
  • 不動産取引相手のクレームに困っている。

その他、不動産にまつわるあらゆる問題に対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

ご注意ください。自力救済は禁止されています。

昨今では、不動産会社ではない個人の方が、アパート・不動産経営をされることも増えてきました。

また、権利関係の複雑化により不動産トラブルも増えております。

そのため、個人の方はもとより、不動産会社の方であっても、不動産にまつわる様々な問題に頭を悩ませていることと思います。

特に、賃貸借契約を解除して明渡請求したい、契約解除はできないがなんとか立ち退き交渉をすすめたい、未払い賃料を回収したいといった問題が代表的なものです。

この点、仮に相手が不法占有であろうとも、法的手続きを逸脱して明渡等を自ら強行してしまうと、「自力救済の禁止」に抵触し、違法となります。

また、退去してもらった後でも、室内に残置物があれば、それを勝手に処分することも「自力救済の禁止」に抵触します。

したがいまして、不動産明渡の問題は、計画的に順序立てて確実に進める必要があります。

もし、交渉がうまく進められなかったり、退去後の残置物問題がある場合、決して自力で行おうとせず、弁護士に相談のうえ、しかるべき法的手続きをとってください。

当事務所ではご依頼者さまの抱える様々な不安を解消させること、そして、よりよい解決へ導くことを常に心がけています。

法律事務所つくばコムならきっとあなたの力になれます。

法律事務所つくばコムに依頼するメリット

  • 無料で弁護士に法律相談できます(初回45分)。
  • 当事務所の相談実績→初めて法律相談へお越し頂いた方は年間350名以上です。
  • 平日21時まで対応可能です。
  • 解決までに必要な弁護士費用を分かりやすく、明朗に致します。
  • 親切・丁寧な弁護士2名が、あなたのために親身になって問題解決に取り組みます。
  • 不動産問題の解決に力を入れており、多数の解決実績・勝訴実績をほこります。
  • ご依頼者さま満足度96%
お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。