境界損壊罪(キョウカイソンカイザイ)

境界損壊罪とは、刑法に規定される犯罪類型の1つで、「境界標を損壊し、移動し、若しくは除去し、又はその他の方法により、土地の境界を認識することができないようにした者は、5年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する」と規定されています(刑法第262条の2)。

本罪は、土地の境界標を侵害する行為を処罰するものですが、このような行為は近隣住民どうしのトラブル等の場面で未だ多く発生している犯罪といえます。土地 に関する権利の範囲を明確にするための境界標を侵害することで権利の明確性を害するものですので、不動産侵奪罪の予備的行為であるともいえます。

本罪が成立するためには、境界標の損壊等の行為によって境界を認識することが不可能となったという結果の発生が必要であり、認識を不可能しない範囲であれば器物損壊罪が成立するのみとなります。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。