賭博罪(トバクザイ)

賭博罪とは、刑法に規定される犯罪類型の1つで、「賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りではない」と規定されています(刑法第185条)。

賭博とは、偶然の勝敗に関して財物をもって賭けごとをして争うことをいいます。

本罪の但書では、「一時の娯楽に供する物をかけたにとどまる」ときは犯罪とならない旨規定されていますが、これは経済的価値が少ないものにつき違法性に欠けるとの考えに基づくものと解されます。この点、一時の娯楽に供する物とは、例えば、その場で飲食する物などが考えられますが、分量によっては「一時の娯楽に供する」とはいえないとされる可能性もあります。金銭を賭ける行為については、その額が少額であったとしても「一時の娯楽に供する物」とはいえないと解されます。

なお、パチンコ、競輪、競馬、競艇などは実質上賭博といえますが、特別法により適法とされているため処罰の対象とはなりません。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。