競売等妨害罪(ケイバイトウボウガイザイ)

競売等妨害罪とは、刑法に規定される犯罪類型の1つで、「偽計又は威力を用いて、公の競売又は入札の公正を害すべき行為をした者は、2年以下の懲役又は250万円以下の罰金に処する」と規定されています(刑法第96条の3第1項)。

本罪は、国や地方公共団体が実施する競売の公正を守るために規定されたものです。

ここにいう「偽計」とは、人の判断を誤らせる術策を用いることをいいます。また、「威力」とは、人の自由意思を抑圧するような暴行や脅迫等の力を加えることをいいます。

抵当物件の土地や建物を不法に占拠するいわゆる占有屋の行為については、本罪によって処罰される可能性があります。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。