【離婚】離婚訴訟において勝訴判決を獲得

夫より離婚調停を経て離婚訴訟を提起された妻から相談を受けました。

妻の言い分としては、長期間別居してきた事実はあるものの、夫の身勝手による離婚には応じられないとのことで、当職が代理人弁護士として訴訟対応を承ることとなりました。

夫側にも代理人弁護士が就いており、多岐にわたる争点をひとつひとつ解決していった結果、約1年の審理期間を要しましたが、全面的な勝訴判決を獲得することに成功しました。

別居期間が長期に及んでいる点のみを鑑みると、一見、婚姻関係の破綻が認定されてもおかしくないようにも思えますが、夫婦関係の再構築可能性を丁寧に論じることで、勝訴判決にこぎつけることができました。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。